Actions

開発者エリア/Maharaアーキテクチャインストラクション/コアコンポーネント

From Mahara Wiki

< 開発者エリア/Maharaアーキテクチャインストラクション
Revision as of 16:08, 17 December 2012 by Mits (talk | contribs) (ビュー)

作成中です - mits

Maharaコアでは、その構造の助けとなるいくつかのコンポーネントを提供します。Parts of these components may be pluggable using the plugin system.

ユーザ

ほとんどのシステムにはユーザが存在しますが、特にMaharaではログインせずに使用することができる機能をほとんど提供しません。コアではユーザがシステムに登録すること、および自分のアカウントを管理することができます。多くのプラグインタイプにも、ユーザの側面が適用されます。例えば、認証はユーザがどのようにシステム認証するのか、また通知はユーザがシステム内のイベントをどのように受信するのかコントロールします。

アーティファクト

Maharaにおけるコンテンツの基本単位はアーティファクト (artefact) と呼ばれます。あらゆる種類のものはアーティファクトと言えます - ブログ記事、ブログ、ファイル、プロファイル情報等。アーティファクプラグインではシステムにさらに追加することができ、プラグインタイプの中でも最も興味深いものです。あなたが「システムにXを使いしたい」と思った場合、XはWiki、カレンダー、投票等ですが、恐らく、あなたはそのためのアーティファクトプラグインを開発作成できるでしょう。

アーティファクトはユーザ、グループ、インスティテューションまたはサイト自体に属することができます。いくつかのアーティファクトはこれらの1つのコンテクストでは意味を成しますが、その他では意味を成しません - 例えば、ユーザがグループを持つことが意味を成すのに対して、Wikiを持つことは意味をなさないでしょう (意味を成す場合もありますが!)。

グループ

Maharaではユーザが特別なグループを作成することができます。Maharaにおいて、グループは複数のユーザが参加、共同作業、特定のトピックに関して議論できるスペースです。あなたがFacebookユーザである場合、「Facebookグループ」 (全く同じコンセプトです) をお考えください。グループに動作に関する様々な部分はgrouptypeプラグインを使用して設定することができます。Maharaは標準およびコースグループと共に提供されます - 後者では1つの場所に学生、チューターおよび教師のグループを作成することができます。

ビュー

ビューフレームワークではMaharaの最もパワフルなコンセプトを提供します。ビューによって、ユーザは自分のアーティファクトおよびシステム外の情報を含むページ作成を迅速に作成することができます。また、誰がページを閲覧するのか、詳細にコントロールすることができます。ここではユーザがドラッグ&ドラッグによりコンテンツを素早く集めて表示できるページビルダが提供されます。

ブロックタイププラグインタイプでは、異なるタイプのブロックをビューに追加する機能を提供します。そのため、これは非常に興味深いプラグインタイプでもあります。Maharaには約20のブロックタイプが同梱されます。これらのブロックタイプは小さなAPIの1つであり、新しいブロックタイプの作成を容易にします。ブロックタイプでは、アーティファクトを使用、または外部のシステムからコンテンツを読み込むことができます。アーティファクトを使用する場合、別のプラグインタイプにネストできる唯一のプラグインタイプを作成し、アーティファクトプラグインそれ自体と共に提供します。

Mahara ships with blocks to pull in video, RSS feeds and add blocks of text. In addition, each artefact plugin has blocktypes for its content - for example, the blog plugin has blocktypes for both inserting a blog and a blog post into a View.

インスティテューション

One of Mahara's goals is to make it as easy as possible for users to interact across boundaries such as schools. As such, Mahara is designed so that an entire set of schools or institutions can use the one instance, and have all of their users work together. However, this can add challenges for support - it's desirable if one school has control over its users and can provide first level support for them. So Mahara supports the concept of institutions. They have their own administrators, themes and authentication mechanisms, and the administrators can perform basic actions such as resetting their users' passwords. This scales out all the way to a national level - the MyPortfolio service in New Zealand provides one Mahara for all schools and another for all universities across New Zealand.

前へ: Maharaアーキテクチャインストラクション

次へ: コアサブシステム