開発者エリア/Maharaアーキテクチャイントロダクション/コアコンポーネント

From Mahara Wiki
Jump to navigation Jump to search

作成中です - mits (talk)

Maharaコアでは構造にいくつかのコンポーネントを提供します。コンポーネントの一部はプラグインシステムにより着脱可能です。

ユーザ

殆どすべてのシステムにはユーザが存在します。Maharaでは特に誰かがログインしなくても使用できる機能を提供しています。コアはユーザにシステムへの登録および自分のアカウントの管理を許可します。多くのプラグインタイプはユーザの側面にも適用されます。例えば認証はユーザがどのようにシステムに認証されるかコントロールします。そして、通知はユーザがどのようにシステム内イベントに関する通知を受信するかコントロールします。

アーティファクト

Mahara内のコンテンツの基本的な単位はアーティファクトと呼ばれます。ブログ記事およびブログ、ファイル、プロファイル情報等、すべてのものはアーティファクトと言えます。アーティファクトプラグインによりシステムにさらに機能を追加できる点において最も興味深いプラグインタイプの1つと言えます。あなたが「私はシステムにXを追加したいと思います」 (XはWiki、カレンダー、投票等) と考える場合、そのためのアーティファクトプラグインを開発してください。

アーティファクトはユーザ、グループ、インスティテューションまたはサイト自体に属します。いくつかのアーティファクトはこれらの中の1つのコンテクストで意味を成しますが、他では意味を成しません。例えばユーザがWikiを持つことは意味を成しませんが (意味を成すことがあるかもしれませんが)、グループがWikiを持つことは意味を成します。

グループ

Maharaではユーザがアドホック (ad-hoc) グループを作成できます。グループは様々なユーザが参加して共同して特定のトピックを議論できるMahara内の場所です。あなたがFacebookユーザである場合、正に同じ概念である「Facebookグループ」を考えてください。グループの動きの詳細はグループタイププラグインで設定できます。Maharaでは標準およびコースグループが最初から作成されています - 後者は正式な場所での学生、チューターおよび教師のグループのために設計されました。

ページ (ビュー) Views

ページフレームワークはMaharaの最も強力な概念の1つを提供します。ページフレームワークではユーザが個人のアーティファクトと外部システムの他の情報を統合したページを短時間で作成できます。そして、ユーザは誰がいつページを閲覧できるか詳細にコントロールできます。また、ユーザがドラッグ&ドロップですぐにコンテンツを集めて表示できるページビルダが提供されます。

ブロックタイププラグインタイプではページ (ビュー) に異なるタイプのブロックを追加できる機能を提供します。そのため、これは非常に興味深いプラグインタイプでもあります。Maharaには約20のブロックタイプが同梱されます。それらは扱うことのできる小さなAPIでもあり、新しいブロックタイプを簡単に作成できます。ブロックタイプはアーティファクトを使用するか、単純にシステム外部のコンテンツをドラッグできます。Blocktypes can either use artefacts, or simply drag in content from outside the system. The ones that use artefacts are provided along with the artefact plugins themselves normally, making blocktypes the only plugin type that can be nested within another plugin.

Mahara ships with blocks to pull in video, RSS feeds and add blocks of text. In addition, each artefact plugin has blocktypes for its content - for example, the blog plugin has blocktypes for both inserting a blog and a blog post into a View.

インスティテューション Institutions

One of Mahara's goals is to make it as easy as possible for users to interact across boundaries such as schools. As such, Mahara is designed so that an entire set of schools or institutions can use the one instance, and have all of their users work together. However, this can add challenges for support - it's desirable if one school has control over its users and can provide first level support for them. So Mahara supports the concept of institutions. They have their own administrators, themes and authentication mechanisms, and the administrators can perform basic actions such as resetting their users' passwords. This scales out all the way to a national level - the MyPortfolio service in New Zealand provides one Mahara for all schools and another for all universities across New Zealand.

Previous: Mahara Architecture Introduction

Next: Core Subsystems

前へ: Maharaアーキテクチャイントロダクション

次へ: コアサブシステム