Actions

Mahara日本語ドキュメント/アクセシビリティ

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント
Revision as of 01:46, 17 June 2016 by Mits (talk | contribs) (Maharaにおけるアクセシビリティの特徴)

再作成中です - mits (talk)

注意: アクセスビリティの実装に関して、開発者はアクセシビリティチェックリスト (英語)をご覧ください。

アクセシビリティに関するMaharaのゴール

身体に障害を持った人、特別な配慮が必要な人も含めて、Maharaは可能な限り多くの個人が使用できることを目標としています。この目的を達成するため、主要なアクセシビリティ標準、ガイドラインまたは法律における相違は問題としてbug trackerに記録されます。また、適切なリリースに実装するために「accessibility」(アクセシビリティ) とタグ付けされます。私たちはバージョン1.9からMaharaのアクセシビリティに関して取り組んできました。

Maharaのウェブコンテンツアクセシビリティに関する概要

アクセスしたいウェブコンテンツの作成は多くの国で必須条件となっています。国際ガイドラインを提供するため、「ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)2.0 - Web Content Accessibility Guidelines」が作成されました。WCAG 2.0には3つのレベルがあります。ガイドラインの最新版では次のとおりです: 「A」「AA」「AAA」 それぞれのレベルは前のレベルへの下位互換を必要とし、どのようにウェブサイトをアクセス可能にするのか具体的なガイドラインを含む必要があります。ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパおよびアメリカ合衆国のアクセシビリティ基準はWCAG 2.0を基に作成されており、AA適合の最低水準を義務付けています。 Maharaにおけるアクセシビリティの現状 (status quo) を十分に理解するため、私たちは3つすべてのWCAG 2.0レベルに関してソフトウェアをテストしました。

私たちはMaharaのページを3つのカテゴリに分けました: ウェブページコンテンツを閲覧するためのページ、コンテンツを作成および編集するためのページ、管理のためのページ。しかし、ユーザがアップロードしたコンテンツ (例 ユーザ生成コンテンツ) がアクセシブルであるかどうかはユーザ次第であるため、私たちはポートフォリオページの内蔵ページおよび基本的な構造のみテストすることができません。

Maharaにおけるアクセシビリティの特徴

以下、Maharaのアクセシビリティに関する機能です。これらの機能は最初にMahara 1.9に実装されました。これらの機能はページの作成および編集、コンテンツ閲覧ページの両方で確認することができます。


  • キーボードアクセシビリティのコントロールおよびエレメント
    • キーボードのみを使用する人はメインナビゲーションのドロップダウンメニューにアクセスできるようになりました。
    • 私たちはページ作成時の操作のキーボードアクセシビリティに関しても取り組みました。
  • Descriptive alt text for images: We have provided alt text for images such as those used in pages for viewing content. This is very important to blind users in understanding the overall content of the pages.
  • Properly labelled graphical links and controls
    • Graphical links such as the one for editing the user's profile picture now have alt text. This lets screen reader users know the purpose of the graphical links.
    • Buttons and checkboxes are now labeled. This is especially helpful in complex forms.
  • Use of focus management: In certain pages, focus is moved to the next logical section after the user has activated a specific button or link. This enables users of assistive technology to quickly determine their location in the page and their next step.
  • Text descriptions for screen reader users: The tabs such as the ones in the Profile page now have a textual indicator informing screen reader users about the currently selected tab.

管理ページ

Most of the administration pages include the accessibility improvements mentioned above. However, since administration is the most complex part of Mahara, there are still some pages that may have issues. We are continuing to work on Mahara's accessibility and we aim to address these issues in future versions.

結論

Mahara has a good level of accessibility when it comes to viewing and creating content. We are continuing to test the administration pages in order to make them more accessible. With the right configuration, Mahara can be used by organizations that require compliance with WCAG 2.0 Level AA.

For more information on specific issues and their status of investigation, please refer to https://blueprints.launchpad.net/mahara/+spec/accessibility

We invite people to test changes as they become available and welcome the insight of other accessibility researchers who think there are issues we have not addressed which should be looked into.

If you wish to get involved in fixing these issues, either by providing your development time or by providing funding, please get in touch with us via [email protected]

個別の法域

ニュージーランド

The New Zealand Web Accessibility Standard has a four-year time frame for achieving compliance with WCAG 2.0 Level AA. This time frame began in July 2013 and will require full compliance by June 2017, with stricter requirements every year. The first phase ends in June 2014, by which time all home pages, contact pages and pages delivering high-stakes information must conform to WCAG 2.0 Level AA. We continue to make Mahara compliant with each phase as it comes into effect, starting with version 1.9 released in April 2014.


オーストラリア

Australia's Web Accessibility National Transition Strategy (NTS) outlines the time frame for WCAG 2.0 conformance. All government websites were required to have Level A compliance by December 2012 and must be compliant with the Level AA requirements by December 2014. Mahara had achieved Level AA compliance before December 2014.


欧州連合

Websites for EU agencies created after January 2010 are expected to comply with WCAG 2.0 Level AA, as stated in the IPG Web Accessibility rules. However, existing websites may be gradually improved to this level. We are working to ensure that Mahara remains Level AA conformant.


アメリカ合衆国

Section 508 of the US Rehabilitation Act is a law which requires the federal government to use accessible web technologies. This legislation is currently being revised and is expected to draw from WCAG 2.0 Level AA when the refresh comes into effect. We will implement any requirements specific to Section 508 when the refresh is made public.

その他のリンク

インターナショナル

英国

See also the Equality Act 2010 Statutory Code of Practice (PDF) for Services, public functions and associations.

ドイツ

欧州連合

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ポリシー

身体に障害を持った人、特別な配慮が必要な人も含めて、Maharaは可能な限り多くの個人が使用できることを目標としています。この目的を達成するため、主要なアクセシビリティ標準、ガイドラインまたは法律における相違は、問題としてbug trackerに記録されます。また、適切なリリースへの実装に関して、「accessibility」タグ付けされます。

ウェブ標準、ガイドラインおよび法律

インターナショナル

アメリカ

イギリス

関連情報: Equality Act 2010 Statutory Code of Practice (PDF) - サービス、公共的機能および団体

ドイツ

欧州連合