Mahara日本語ドキュメント/インスティテューション管理者ガイド/ユーザ管理/ユーザを管理する/ユーザを利用停止にする

From Mahara Wiki
< Mahara日本語ドキュメント‎ | インスティテューション管理者ガイド‎ | ユーザ管理‎ | ユーザを管理する
Revision as of 18:43, 9 May 2011 by WikiSysop (talk | contribs) (Created page with "Maharaでは安全な個人学習環境を提供することができますが、ディスカッションおよびソーシャルネットワーキング機能を含んだシス…")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search

Maharaでは安全な個人学習環境を提供することができますが、ディスカッションおよびソーシャルネットワーキング機能を含んだシステムすべては誤用または乱用によりオープンになってしまう場合があります。あなたのローカルユーザポリシーおよび学生・スタッフの行動規範に合致させるため、Maharaにはユーザを利用停止、そして乱用が繰り返される場合、最終的にシステムから削除するオプションがあります。


ユーザ検索後、該当するユーザを選択することで、「ユーザを利用停止する」ボタンが表示されます。あなたがなぜそのユーザを利用停止にするのか、またいつ利用停止を解除するのか等、「理由」テキストボックスに入力した後、「ユーザを利用停止する」ボタンをクリックしてください。このメッセージはそのユーザが次回ログインを試みた時点で表示されます。

利用停止中のユーザを削除 (繰り返しの乱用のため) または利用停止を解除してシステムに復帰させるため、「利用停止ユーザ」ページに移動してください。

メモ – Maharaへ間違ってユーザを登録した場合、ユーザページ下部の削除ボタンを使用したユーザ削除よりも、この利用停止および削除処理の利用をお勧めします。