Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/システム管理者ガイド/Moodle/Maharaインテグレーション"

From Mahara Wiki
Jump to navigation Jump to search
Line 1: Line 1:
 
再作成中です - [[User:Mits|mits]]
 
再作成中です - [[User:Mits|mits]]
  
[[Image:mahoodle.jpg|mahoodle.jpg]]The integration between Moodle and Mahara has been affectionately named "Mahoodle". It allows true single-signon between both systems - no password sharing required, and users' profile information is ported across. In addition, from Mahara 1.2, users will be able to [[System Administrator's Guide/Moodle%2f%2fMahara Integration/View Submission|submit Mahara Views to Moodle for assessment]] (with a plugin for Moodle).
+
[[Image:mahoodle.jpg|mahoodle.jpg]]
 +
Moodle、Mahara間のインテグレーション (統合) は、愛情を込めて「Mahoodle」という名称で呼ばれます。両システム間では、(パスワード共有不要の) 真のシングルサインオンが実現されます。そして、システム間を通じて、ユーザプロファイル情報を渡すことができます。加えて、Mahara 1.2以降、(Moodleにプラグインをインストールすることで)、ユーザがMaharaのビューをMoodleの課題として送信することもできます。
  
The best instructions for setting up the integration can be found in the 3.1MB PDF entitled "Mahoodle", which you can find attached to this wiki page. The instructions and screenshots are a little out of date, but the process works.
+
インテグレーションを説明した3.1MBのPDF版ドキュメント「Mahoodle」は、次のリンクよりダウンロードすることができます: https://wiki.mahara.org/images/d/d5/Mahoodle.pdf  このドキュメントのインストラクションおよびスクリーンショットは、若干古いものですが、設定手順は十分参考になります。
  
 
More up to date instructions and screenshots are available in the mahoodle-updated-en.odp and mahoodle-updated-en.pdf files attached to this wiki page. You should also read the original Mahoodle.pdf file to get more detailed explanations about the whole process.
 
More up to date instructions and screenshots are available in the mahoodle-updated-en.odp and mahoodle-updated-en.pdf files attached to this wiki page. You should also read the original Mahoodle.pdf file to get more detailed explanations about the whole process.

Revision as of 05:29, 18 August 2011

再作成中です - mits

mahoodle.jpg Moodle、Mahara間のインテグレーション (統合) は、愛情を込めて「Mahoodle」という名称で呼ばれます。両システム間では、(パスワード共有不要の) 真のシングルサインオンが実現されます。そして、システム間を通じて、ユーザプロファイル情報を渡すことができます。加えて、Mahara 1.2以降、(Moodleにプラグインをインストールすることで)、ユーザがMaharaのビューをMoodleの課題として送信することもできます。

インテグレーションを説明した3.1MBのPDF版ドキュメント「Mahoodle」は、次のリンクよりダウンロードすることができます: https://wiki.mahara.org/images/d/d5/Mahoodle.pdf このドキュメントのインストラクションおよびスクリーンショットは、若干古いものですが、設定手順は十分参考になります。

More up to date instructions and screenshots are available in the mahoodle-updated-en.odp and mahoodle-updated-en.pdf files attached to this wiki page. You should also read the original Mahoodle.pdf file to get more detailed explanations about the whole process.

ファイル

サブページ