Actions

Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/ロードマップ"

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント
(Created page with "このドキュメントは、Maharaを改善する方法として、私たちが確認した主要な部分に関してリストアップしています。現在、ロードマ…")
 
Line 5: Line 5:
 
<div id="section_1">
 
<div id="section_1">
  
=== <span>Mahara 1.3</span> ===
+
===Mahara 1.3===
  
 
現在のところ、私たちは、Mahara 1.3をどのようにするか、明確には決定していません。
 
現在のところ、私たちは、Mahara 1.3をどのようにするか、明確には決定していません。
Line 11: Line 11:
 
</div><div id="section_2">
 
</div><div id="section_2">
  
=== 将来的なリリース ===
+
===将来的なリリース===
  
 
以下、Maharaに対して実施する作業範囲を列挙しています。以下のリストは、特定の順序で並べられたものではありません。これらが実装される順番は自由です。Maharaプロジェクトが財源を見つけた時点で、実装される予定です。もしかしたら、あなたも財政支援することができるかもしれません! 開発資金を提供することで、機能実装の時期が速くなるのと同時に、あなたの必要に応じて、Maharaのアーキテクチャおよび動作に影響を与えることができます。あなたが開発資金を提供したい場合、[http://mahara.org/interaction/forum/view.php?id=70 ロードマップ &amp; 開発資金フォーラム - 英語]の適切なスレッドに投稿してください。
 
以下、Maharaに対して実施する作業範囲を列挙しています。以下のリストは、特定の順序で並べられたものではありません。これらが実装される順番は自由です。Maharaプロジェクトが財源を見つけた時点で、実装される予定です。もしかしたら、あなたも財政支援することができるかもしれません! 開発資金を提供することで、機能実装の時期が速くなるのと同時に、あなたの必要に応じて、Maharaのアーキテクチャおよび動作に影響を与えることができます。あなたが開発資金を提供したい場合、[http://mahara.org/interaction/forum/view.php?id=70 ロードマップ &amp; 開発資金フォーラム - 英語]の適切なスレッドに投稿してください。
Line 17: Line 17:
 
<div id="section_3">
 
<div id="section_3">
  
==== ユーザビリティ ====
+
====ユーザビリティ====
  
 
現在、Maharaは非常に使いやすいシステムとなっていますが、私たちがさらにユーザビリティを改善するための改善点があります。ナビゲーションの再構築、Maharaコンセプトに関する異なる用語の使用、テーマの調整、ビュー作成インターフェースの改善を含む、アイデアです。
 
現在、Maharaは非常に使いやすいシステムとなっていますが、私たちがさらにユーザビリティを改善するための改善点があります。ナビゲーションの再構築、Maharaコンセプトに関する異なる用語の使用、テーマの調整、ビュー作成インターフェースの改善を含む、アイデアです。
Line 26: Line 26:
 
</div><div id="section_4">
 
</div><div id="section_4">
  
==== グループ ====
+
====グループ====
  
 
グループブログ、コントロール/招待グループへの大量追加または大量招待を含む、グループに関する改善のアイデアを少しだけ。
 
グループブログ、コントロール/招待グループへの大量追加または大量招待を含む、グループに関する改善のアイデアを少しだけ。
Line 35: Line 35:
 
</div><div id="section_5">
 
</div><div id="section_5">
  
==== ブログ ====
+
====ブログ====
  
 
ブログに対するコメント投稿、RSSサポート、RSS経由でのMaharaへのブログインポート等、いくつかの方法で、ブログを改善することができます。
 
ブログに対するコメント投稿、RSSサポート、RSS経由でのMaharaへのブログインポート等、いくつかの方法で、ブログを改善することができます。
Line 43: Line 43:
 
</div><div id="section_6">
 
</div><div id="section_6">
  
==== RSS ====
+
====RSS====
  
 
Maharaでは、RSSを一切提供しませんが、ビューを通して、フィードを配信することができます。私たちは、Maharaのユーザに関わる、ビューのフィードバック、フォーラム投稿および他の活動のフィードを提供することができます。
 
Maharaでは、RSSを一切提供しませんが、ビューを通して、フィードを配信することができます。私たちは、Maharaのユーザに関わる、ビューのフィードバック、フォーラム投稿および他の活動のフィードを提供することができます。
Line 51: Line 51:
 
</div><div id="section_7">
 
</div><div id="section_7">
  
==== ビュー ====
+
====ビュー====
  
 
ビューフィードバックの改善 (フィードバックの編集/削除)、PDFの生成、パスワードによるアクセス、テーマサポート、複数ビュー (実際には - 「ウェブサイト」) 等、ビューインターフェースに関して、私たちが出来ることは数多くあります。
 
ビューフィードバックの改善 (フィードバックの編集/削除)、PDFの生成、パスワードによるアクセス、テーマサポート、複数ビュー (実際には - 「ウェブサイト」) 等、ビューインターフェースに関して、私たちが出来ることは数多くあります。
Line 59: Line 59:
 
</div><div id="section_8">
 
</div><div id="section_8">
  
==== レジュメ ====
+
====レジュメ====
  
 
Maharaのレジュメプラグインでは、簡単なレジュメ構築機能を提供します。しかし、私たちの取り組みにより、カスタムフィールド、Europass CVサポート、PDF生成等、多くの新しい機能を追加することができます。
 
Maharaのレジュメプラグインでは、簡単なレジュメ構築機能を提供します。しかし、私たちの取り組みにより、カスタムフィールド、Europass CVサポート、PDF生成等、多くの新しい機能を追加することができます。
Line 67: Line 67:
 
</div><div id="section_9">
 
</div><div id="section_9">
  
==== タグおよび検索 ====
+
====タグおよび検索====
  
 
Maharaでは、多くのアーティファクトおよびビューにて、タグを入力することができます。しかし、有用な検索方法およびタグの視覚化をサポートしていません。加えて、あなたのタグ検索、およびあなたが利用できる他のユーザのタグ検索に関しても制限があります。これらの部分では、私たちが実施できる、数多くの改善箇所があります。
 
Maharaでは、多くのアーティファクトおよびビューにて、タグを入力することができます。しかし、有用な検索方法およびタグの視覚化をサポートしていません。加えて、あなたのタグ検索、およびあなたが利用できる他のユーザのタグ検索に関しても制限があります。これらの部分では、私たちが実施できる、数多くの改善箇所があります。
Line 75: Line 75:
 
</div><div id="section_10">
 
</div><div id="section_10">
  
==== 統計およびレポート ====
+
====統計およびレポート====
  
 
現在、Mahara内で実行される活動を視覚化する方法はありません。Maharaでは、ユーザを中心に置いているため、ユーザが訪問したページを追跡する機能を追加することは、私たちには考えられません。もちろん、人気のあるビュー、ユーザの増加等、サイト活動のレポート集計を追加する余地はあります。
 
現在、Mahara内で実行される活動を視覚化する方法はありません。Maharaでは、ユーザを中心に置いているため、ユーザが訪問したページを追跡する機能を追加することは、私たちには考えられません。もちろん、人気のあるビュー、ユーザの増加等、サイト活動のレポート集計を追加する余地はあります。
Line 84: Line 84:
 
</div><div id="section_11">
 
</div><div id="section_11">
  
==== Moodle/Mahara統合 ====
+
====Moodle/Mahara統合====
  
 
[http://moodle.org/ Moodle] との統合は、Maharaの素晴らしい機能のひとつです。そして、私たちには、Moodle/Mahara統合フレームワークを適切な場所に構築する多くの方法があります。開発のアイデアの中には、「両者を評価目的のため繋げる」、「Moodleコースに合致するグループをMahara内に作成する」、「Moodleからコンテンツをインポートして、MoodleのリポジトリAPIを使用してユーザがMoodle内でMaharaのリソースを使用できるようにする」というアイデアが含まれています。
 
[http://moodle.org/ Moodle] との統合は、Maharaの素晴らしい機能のひとつです。そして、私たちには、Moodle/Mahara統合フレームワークを適切な場所に構築する多くの方法があります。開発のアイデアの中には、「両者を評価目的のため繋げる」、「Moodleコースに合致するグループをMahara内に作成する」、「Moodleからコンテンツをインポートして、MoodleのリポジトリAPIを使用してユーザがMoodle内でMaharaのリソースを使用できるようにする」というアイデアが含まれています。
Line 93: Line 93:
 
</div><div id="section_12">
 
</div><div id="section_12">
  
==== メッセージング ====
+
====メッセージング====
  
 
Maharaのメッセージングシステムは、簡単です。いくつかの思索から、私たちは、ユーザが使用できる、すべての種類のメディア経由ですべての種類のメッセージを送信および受信できるシステムに到達しました。ユーザは、フォーラム投稿に対して、Eメールで返信できますし、カメラで撮影した写真を直接リポジトリに送信したり、jabber経由でブログに投稿することもできます。
 
Maharaのメッセージングシステムは、簡単です。いくつかの思索から、私たちは、ユーザが使用できる、すべての種類のメディア経由ですべての種類のメッセージを送信および受信できるシステムに到達しました。ユーザは、フォーラム投稿に対して、Eメールで返信できますし、カメラで撮影した写真を直接リポジトリに送信したり、jabber経由でブログに投稿することもできます。
Line 101: Line 101:
 
</div><div id="section_13">
 
</div><div id="section_13">
  
==== 教育研究機関での使用に関する改善 ====
+
====教育研究機関での使用に関する改善====
  
 
私たちは、学校環境 (中等 - 11-17歳、および初等 - 5-10歳) でのMaharaの使用または使用する予定の人々からフィードバックを集めました。同様に、テーマおよび使用する言葉の問題に関しても情報を集めました (ここと[[Maharaצ¬ê£‰Â£¥Ã£³Ãˆ/ã¼Ã£žÃ£—/ã¼Â£“ã†Â£|ユーザビリティ]] とでオーバーラップする点がありますが)。一般的なテーマでは、さらにソーシャルネットワーキング部分のコントロールおよび両親の参加を含みます。
 
私たちは、学校環境 (中等 - 11-17歳、および初等 - 5-10歳) でのMaharaの使用または使用する予定の人々からフィードバックを集めました。同様に、テーマおよび使用する言葉の問題に関しても情報を集めました (ここと[[Maharaצ¬ê£‰Â£¥Ã£³Ãˆ/ã¼Ã£žÃ£—/ã¼Â£“ã†Â£|ユーザビリティ]] とでオーバーラップする点がありますが)。一般的なテーマでは、さらにソーシャルネットワーキング部分のコントロールおよび両親の参加を含みます。
Line 110: Line 110:
 
</div><div id="section_14">
 
</div><div id="section_14">
  
==== インストーラ/アップグレーダ ====
+
====インストーラ/アップグレーダ====
  
 
これは、インストーラ/アップグレーだのみカバーするのではなく、両者を取り巻く機能も含みます。現在のところ、最新のインストーラは適切に動作していますので、次のレベルへ進むため、私たちができることは多くありません。
 
これは、インストーラ/アップグレーだのみカバーするのではなく、両者を取り巻く機能も含みます。現在のところ、最新のインストーラは適切に動作していますので、次のレベルへ進むため、私たちができることは多くありません。

Revision as of 16:36, 11 May 2011

このドキュメントは、Maharaを改善する方法として、私たちが確認した主要な部分に関してリストアップしています。現在、ロードマップは、レビューおよび改善中です。ですから、ロードマップの適切なWikiページまたはRoadmap & Fundingフォーラムに自由にコメントしてください。

このロードマップのページまたはコメントページに新しい機能を提案しないでください - 代わりにRoadmap & Fundingフォーラムをお使いください。

将来的なリリース

以下、Maharaに対して実施する作業範囲を列挙しています。以下のリストは、特定の順序で並べられたものではありません。これらが実装される順番は自由です。Maharaプロジェクトが財源を見つけた時点で、実装される予定です。もしかしたら、あなたも財政支援することができるかもしれません! 開発資金を提供することで、機能実装の時期が速くなるのと同時に、あなたの必要に応じて、Maharaのアーキテクチャおよび動作に影響を与えることができます。あなたが開発資金を提供したい場合、ロードマップ & 開発資金フォーラム - 英語の適切なスレッドに投稿してください。

ユーザビリティ

現在、Maharaは非常に使いやすいシステムとなっていますが、私たちがさらにユーザビリティを改善するための改善点があります。ナビゲーションの再構築、Maharaコンセプトに関する異なる用語の使用、テーマの調整、ビュー作成インターフェースの改善を含む、アイデアです。

グループ

グループブログ、コントロール/招待グループへの大量追加または大量招待を含む、グループに関する改善のアイデアを少しだけ。

ブログ

ブログに対するコメント投稿、RSSサポート、RSS経由でのMaharaへのブログインポート等、いくつかの方法で、ブログを改善することができます。

ブログのロードマップに関する詳細情報 ...

RSS

Maharaでは、RSSを一切提供しませんが、ビューを通して、フィードを配信することができます。私たちは、Maharaのユーザに関わる、ビューのフィードバック、フォーラム投稿および他の活動のフィードを提供することができます。

RSSのロードマップに関する詳細情報 ...

ビュー

ビューフィードバックの改善 (フィードバックの編集/削除)、PDFの生成、パスワードによるアクセス、テーマサポート、複数ビュー (実際には - 「ウェブサイト」) 等、ビューインターフェースに関して、私たちが出来ることは数多くあります。

ビューのロードマップに関する詳細情報 ...

レジュメ

Maharaのレジュメプラグインでは、簡単なレジュメ構築機能を提供します。しかし、私たちの取り組みにより、カスタムフィールド、Europass CVサポート、PDF生成等、多くの新しい機能を追加することができます。

レジュメのロードマップに関する詳細情報 ...

タグおよび検索

Maharaでは、多くのアーティファクトおよびビューにて、タグを入力することができます。しかし、有用な検索方法およびタグの視覚化をサポートしていません。加えて、あなたのタグ検索、およびあなたが利用できる他のユーザのタグ検索に関しても制限があります。これらの部分では、私たちが実施できる、数多くの改善箇所があります。

タグおよび検索のロードマップに関する詳細情報 ...

統計およびレポート

現在、Mahara内で実行される活動を視覚化する方法はありません。Maharaでは、ユーザを中心に置いているため、ユーザが訪問したページを追跡する機能を追加することは、私たちには考えられません。もちろん、人気のあるビュー、ユーザの増加等、サイト活動のレポート集計を追加する余地はあります。

Moodle/Mahara統合

Moodle との統合は、Maharaの素晴らしい機能のひとつです。そして、私たちには、Moodle/Mahara統合フレームワークを適切な場所に構築する多くの方法があります。開発のアイデアの中には、「両者を評価目的のため繋げる」、「Moodleコースに合致するグループをMahara内に作成する」、「Moodleからコンテンツをインポートして、MoodleのリポジトリAPIを使用してユーザがMoodle内でMaharaのリソースを使用できるようにする」というアイデアが含まれています。

メッセージング

Maharaのメッセージングシステムは、簡単です。いくつかの思索から、私たちは、ユーザが使用できる、すべての種類のメディア経由ですべての種類のメッセージを送信および受信できるシステムに到達しました。ユーザは、フォーラム投稿に対して、Eメールで返信できますし、カメラで撮影した写真を直接リポジトリに送信したり、jabber経由でブログに投稿することもできます。

メッセージングのロードマップに関する詳細情報 ...

教育研究機関での使用に関する改善

私たちは、学校環境 (中等 - 11-17歳、および初等 - 5-10歳) でのMaharaの使用または使用する予定の人々からフィードバックを集めました。同様に、テーマおよび使用する言葉の問題に関しても情報を集めました (こことユーザビリティ とでオーバーラップする点がありますが)。一般的なテーマでは、さらにソーシャルネットワーキング部分のコントロールおよび両親の参加を含みます。

インストーラ/アップグレーダ

これは、インストーラ/アップグレーだのみカバーするのではなく、両者を取り巻く機能も含みます。現在のところ、最新のインストーラは適切に動作していますので、次のレベルへ進むため、私たちができることは多くありません。