Actions

Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/ロードマップ/グループ"

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント‎ | ロードマップ
(グループブログ)
Line 13: Line 13:
 
これを実現するために、私たちはアーティファクトの作者がアカウントに関連付けられているわけではない (アーティファクトの作者がアーティファクトの「オーナー」とされているユーザではない) ことをMaharaに教える必要があります。私たちがこれを実施した場合、グループに所有され、グループ内のユーザがブログ記事を投稿できるグループブログを実装することができます。記事はユーザにより執筆されますが、グループにより「所有」されることになります。
 
これを実現するために、私たちはアーティファクトの作者がアカウントに関連付けられているわけではない (アーティファクトの作者がアーティファクトの「オーナー」とされているユーザではない) ことをMaharaに教える必要があります。私たちがこれを実施した場合、グループに所有され、グループ内のユーザがブログ記事を投稿できるグループブログを実装することができます。記事はユーザにより執筆されますが、グループにより「所有」されることになります。
  
This idea presents group blogs as an actual blog which people contribute to. Another idea is to have people make posts in one of their own blogs, and somehow flag them as being displayable in a group. There may be other models too.
+
このアイデアは、ユーザが実際に投稿できるブログとしてのグループブログを意味します。もうひとつのアイデアは、ユーザが自分のブログに投稿して、その投稿がグループ内で表示されるようフラグ付けする方法です。もちろん、他のモデルも考えられます。
  
 
</div><div id="section_2">
 
</div><div id="section_2">

Revision as of 12:51, 29 September 2011

作成中です - mits

このロードマップ項目の議論、または財政的に支援したい場合、ロードマップおよび財政的支援 (Roadmap & Funding) フォーラム内の適切なスレッドにその旨を投稿してください。

Mahara 1.1において、グループは多くの点で改善されましたが、まだ、さらに良くするための改善点があります。以下、そのアイデアです:

グループブログ

残念ですが、時間的制約のため、Mahara 1.1からは除外されました。しかし、グループブログは実装すべき新しい良い機能です。

これを実現するために、私たちはアーティファクトの作者がアカウントに関連付けられているわけではない (アーティファクトの作者がアーティファクトの「オーナー」とされているユーザではない) ことをMaharaに教える必要があります。私たちがこれを実施した場合、グループに所有され、グループ内のユーザがブログ記事を投稿できるグループブログを実装することができます。記事はユーザにより執筆されますが、グループにより「所有」されることになります。

このアイデアは、ユーザが実際に投稿できるブログとしてのグループブログを意味します。もうひとつのアイデアは、ユーザが自分のブログに投稿して、その投稿がグループ内で表示されるようフラグ付けする方法です。もちろん、他のモデルも考えられます。

ビューとしてのグループホームページ

This would offer groups the ability to get fancy with how their homepage is displayed. We could provide the 'latest forum posts' listing as a blocktype. Groups could insert logos from their group files area, and group blogs too. Other blocktypes may suggest themselves to groups too.

ユーザの大量追加/招待

Controlled access groups are useful as the students in them cannot leave, but there's no nice way to mass-add users to them. For this reason, people often turn to using "request membership" groups instead.

There is a feature request on the tracker regarding this item.