Actions

Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/ロードマップ/Moodle/Mahara統合"

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント‎ | ロードマップ
Line 8: Line 8:
 
* 外部ポートフォリオにリンクするための新しい評価サブモジュール (上記モジュールに似ています)。
 
* 外部ポートフォリオにリンクするための新しい評価サブモジュール (上記モジュールに似ています)。
 
* ポートフォリオAPIとの密接な統合は、MaharaからMoodleへデータが流れることを意味します。ここでは、Moodleコース内の教師がMaharaポートフォリオビューにアクセスできるようにする設定変更作業を要します。
 
* ポートフォリオAPIとの密接な統合は、MaharaからMoodleへデータが流れることを意味します。ここでは、Moodleコース内の教師がMaharaポートフォリオビューにアクセスできるようにする設定変更作業を要します。
* MaharaグループがMoodleコースのスレーブ (slave 従属関係)となることで、Moodleの変更にもとづき、Mahara側のメンバーシップが最新の状態に保たれます。これにより、管理者の膨大な作業量を減らすことができます。
+
* MaharaグループがMoodleコースのスレーブ (slave 従属関係) となることで、Moodleの変更にもとづき、Mahara側のメンバーシップが最新の状態に保たれます。これにより、管理者の膨大な作業量を減らすことができます。
 
* Smart data flow from Moodle to Mahara, using our LEAP2A support (so blogs in Moodle can become blogs in Mahara for example)
 
* Smart data flow from Moodle to Mahara, using our LEAP2A support (so blogs in Moodle can become blogs in Mahara for example)

Revision as of 05:51, 9 November 2011

作成中です - mits

ロードマップおよび財政的支援フォーラムにて、このロードマップ項目および財政支援に関して議論してください。

これはMaharaと統合するための一連のMoodleポートフォリオAPI拡張に沿った、十分に配慮されたアイデアです。私たちはMahara内の評定表を実装しようとは考えていません - MaharaはLMSではなく、Moodleの評定表は素晴らしいからです。下記の項目を早く実装するため、Moodle 2.0のポートフォリオAPIを1.9バックポート (backport 旧バージョンに移植) することができます。

  • コース内の活動モジュールに、学習者が評価のために送信したいポートフォリオへのリンクを置くことができる。ポートフォリオに送信された内容の評価は、統合されたMoodle内の評定表に反映される。これは特に洗練されているわけではなく、必ずしもポートフォリオAPIに必要だということでもありません。
  • 外部ポートフォリオにリンクするための新しい評価サブモジュール (上記モジュールに似ています)。
  • ポートフォリオAPIとの密接な統合は、MaharaからMoodleへデータが流れることを意味します。ここでは、Moodleコース内の教師がMaharaポートフォリオビューにアクセスできるようにする設定変更作業を要します。
  • MaharaグループがMoodleコースのスレーブ (slave 従属関係) となることで、Moodleの変更にもとづき、Mahara側のメンバーシップが最新の状態に保たれます。これにより、管理者の膨大な作業量を減らすことができます。
  • Smart data flow from Moodle to Mahara, using our LEAP2A support (so blogs in Moodle can become blogs in Mahara for example)