Actions

Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/Maharaの歴史"

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント
(Created page with "作成中です - ~~~ First established in mid 2006, the Mahara project started as collaborative venture funded by [http://www.tec.govt.nz/ New Zealand's Tertiary Education Comm…")
 
(done.)
 
(10 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
作成中です - [[User:Mits|Mits]]
+
Maharaプロジェクトは当初[http://www.tec.govt.nz/ ニュージーランド高等教育委員会]のeラーニング共同開発ファンド (eCDF = e-learning Collaborative Development Fund) の資金援助を受け、[http://www.massey.ac.nz/ Massey University]率いるプロジェクトにより、[http://www.aut.ac.nz/ Auckland University of Technology]、[http://www.openpolytechnic.ac.nz/ The Open Polytechnic of New Zealand]および[http://www.vuw.ac.nz/ Victoria University of Wellington]と共に2006年の中頃開始されました。それぞれの組織にプロジェクト運営委員会の代表者を擁し、このチームにはコンソーシアムを率いるOpen Polytechnicの代理としてMoodleとのプロジェクトを調整、そしてFedora repository systemオープンソースプロジェクトとの調整に関わったFlexible Learning NetworkのRichard Wyles氏が参加しています。
  
First established in mid 2006, the Mahara project started as collaborative venture funded by [http://www.tec.govt.nz/ New Zealand's Tertiary Education Commission's] e-learning Collaborative Development Fund (eCDF) which was a contestable funding pool. [http://www.massey.ac.nz/ Massey University] led the project with collaborative partners, [http://www.aut.ac.nz/ Auckland University of Technology], [http://www.openpolytechnic.ac.nz/ The Open Polytechnic of New Zealand], and [http://www.vuw.ac.nz/ Victoria University of Wellington]. Each organisation had representation on the project Steering Group and this team included Richard Wyles from Flexible Learning Network who was leading aligned projects with Moodle on behalf of an Open Polytechnic led consortium, and further open source work with the Fedora repository system.
+
2007年7月、Flexible LearningおよびCatalyst ITは自分たちの時間およびリソースに加え、教育機関向けeポートフォリオサービス ([http://www.myportfolio.school.nz/ MyPortfolio]参照) に関する[http://www.minedu.govt.nz/ ニュージーランド教育省]のサポートにより、プロジェクトの共同管理および支援を開始しました。ビューフレームワークの重要な再開発は、2007年にThe Open Polytechnic of New Zealandが受賞した[http://matc.mellon.org/winners/2007-matc-awardees-announced 2007 Mellon Award for Technology Collaboration]の適用により可能となりました。
  
In July 2007, Flexible Learning and Catalyst IT started collectively managing and supporting the project with their own time and resources plus further support from [http://www.minedu.govt.nz/ New Zealand’s Ministry of Education] for a national ePortfolio service for schools (see [http://www.myportfolio.school.nz/ MyPortfolio]). A significant redevelopment of the views framework was made possible from Mellon Foundation funds from the Open Polytechnic’s winning a [http://matc.mellon.org/winners/2007-matc-awardees-announced 2007 Mellon Award for Technology Collaboration].
+
この期間、2008年の中頃、Maharaはバージョン1.0がリリースされるまで成熟しました。この時点から広範囲にわたる貢献者の参加により、プロジェクトが恩恵を受けるようになりました - これはオープンソースコミュニティが成功する良い兆しだと言えます。
  
This period saw Mahara mature to version 1.0 production release in mid-2008. From there the project has benefited from a widening pool of contributors - a good sign of a successful open source community.
+
Nigel McNie氏はプロジェクト開始の2006年より2009年の終わりまでMahara開発リーダーでした。それ以降、Richard Mansfield氏がMaharaの開発を率いています。
 
 
Nigel McNie was lead developer since the beginning of the project in 2006 and continued to stay in that position until the end of 2009. Since then, Richard Mansfield stepped in.
 

Latest revision as of 04:33, 31 May 2011

Maharaプロジェクトは当初ニュージーランド高等教育委員会のeラーニング共同開発ファンド (eCDF = e-learning Collaborative Development Fund) の資金援助を受け、Massey University率いるプロジェクトにより、Auckland University of TechnologyThe Open Polytechnic of New ZealandおよびVictoria University of Wellingtonと共に2006年の中頃開始されました。それぞれの組織にプロジェクト運営委員会の代表者を擁し、このチームにはコンソーシアムを率いるOpen Polytechnicの代理としてMoodleとのプロジェクトを調整、そしてFedora repository systemオープンソースプロジェクトとの調整に関わったFlexible Learning NetworkのRichard Wyles氏が参加しています。

2007年7月、Flexible LearningおよびCatalyst ITは自分たちの時間およびリソースに加え、教育機関向けeポートフォリオサービス (MyPortfolio参照) に関するニュージーランド教育省のサポートにより、プロジェクトの共同管理および支援を開始しました。ビューフレームワークの重要な再開発は、2007年にThe Open Polytechnic of New Zealandが受賞した2007 Mellon Award for Technology Collaborationの適用により可能となりました。

この期間、2008年の中頃、Maharaはバージョン1.0がリリースされるまで成熟しました。この時点から広範囲にわたる貢献者の参加により、プロジェクトが恩恵を受けるようになりました - これはオープンソースコミュニティが成功する良い兆しだと言えます。

Nigel McNie氏はプロジェクト開始の2006年より2009年の終わりまでMahara開発リーダーでした。それ以降、Richard Mansfield氏がMaharaの開発を率いています。