Actions

Mahara日本語ドキュメント/Maharaチームおよび貢献者

From Mahara Wiki

< Mahara日本語ドキュメント
Revision as of 03:32, 12 January 2012 by Mits (talk | contribs) (その他 (Others))

作成中です - mits

Maharaは世界中のプログラミングチーム、設計者および熱狂的なファンによって開発されています。現在のところ、多くの個人およびグループがMaharaに貢献しています。このページに、主要な貢献者を掲載しています。以下の一覧中にあなたの名前が入っていない場合、どうぞためらわずにご連絡ください! Maharaコミュニティのメンバーは着実に増加しており、多くのユーザがMaharaを改善するために、コード、時間、ドキュメント等を提供しています。

コアチーム (Core Teams)

私たちは貢献者を開発者、翻訳者および継続的にMaharaに関して作業をされている方々をグループ分けしました。そのため、この一覧には2回表示されます。貢献者の登録順は名 (first name) のアルファベット順です。

Mahara管理グループ (Mahara Governance Group)

Mahara管理グループは、専門eラーニングサービスプロバイダKineo PacificおよびトップのオープンソースカンパニーCatalyst ITのコアパートナーの協力によって運営されています。 Richard WylesおよびNolen SmithがKineo Pacificからのディレクターであるのに対して、Don ChristieおよびMike O'ConnorはCatalyst ITからのディレクターです。このグループの主な役割は、プロジェクト全体の方向性および指針を示すことであり、それぞれの企業からの適切なリソースが割り当てられていることを確かにすることです。オープンソースコミュニティのプロジェクトとして、MaharaはMaharaコミュニティの幅広い議論により運営されます。

プロジェクトリーダー (Project Leader)

マッセイ大学 (Massey University) 指導の下、2006年にプロジェクトが開始されて以来、Richard WylesがMaharaのプロジェクトの方向性および指針に関してサポートしてきました。

開発者 (Developers)

and many others

翻訳者 (Translators)

その他 (Others)

すべての活発なコミュニティーメンバーがコードを提供したり、変更をコミットしたり、翻訳を提供しているとは限りません。多くのユーザが、フォーラム等、他の方法でも貢献しています。以下、様々な方法で活発に貢献している貢献者の一部です。

組織 (Organisations)

A large part of the development on Mahara would not be possible without the funding from institutions and organisations.

The University of Glasgow have funded several pieces of work for us, including View Templates, part of Import/Export (the HTML export is thanks to them), and various bug fixes.

GLISI/Ray Merrill funded enhancements to Mahara's groups, and Ray has provided much invaluable guidance around Mahara's usability.

With JISC funding we were able to add import/export functionality to the Mahara e-portfolio system, as part of the 1.2 release. This work was sponsored by the University of London Computer Centre, University of Glasgow and JISC Cetis.

A collaborative group in the State of New Hampshire funded the ability to submit Mahara Views for assessment in Moodle, through a grant from the New Hampshire Department of Education. This collaborative group consisted of the following school districts:

Cambridge University School of Clinical Medicine sponsored the development of the plugin Problems & Conditions.

The BScE at the University of Luxembourg funded the development of the tag cloud, improvements to the feedback function in the 1.2 and 1.3 releases, and bug fixes for Mac servers.

Birmingham City University funded the initial development work for Collections and Plans (new features in Mahara 1.3). They also supported the development of locking down blog posts and files that are used in submitted views.

Lancaster University Network Services (LUNS Ltd.) was funded by Cumbria and Lancashire Education Online (CLEO) to design several features.

United World College of South East Asia funded the CSV Group upload.

The New Zealand Ministry of Education funded a large number of features and usability changes to Mahara 1.4 and 1.5 that were implemented by Catalyst IT