Actions

開発者エリア/Maharaアーキテクチャインストラクション/コアサブシステム

From Mahara Wiki

< 開発者エリア/Maharaアーキテクチャインストラクション
Revision as of 05:37, 25 January 2013 by Mits (talk | contribs) (Cron)

作成中です - mits

コア開発者およびプラグイン作成者両者にとってMaharaの開発が簡単になるよう、Maharaには特定の機能を提供する複数のサブシステムがあります。あなたはMaharaコードベースの多くの場所でこれらサブシステムに遭遇することになるでしょう。

活動システム

活動システムはMaharaに対して、システム内で何が起こっているのか、ユーザに通知を送信できるようにします。活動システムはコアおよびプラグインから提供される脱着可能な活動タイプをサポートします。また、ここで接続される通知プラグインタイプでは、ユーザがどのようにメッセージを受信するか選択することができます。

データベースレイヤ: ADODB/XMLDB

Maharaはデータベース抽出に関して、ADODBを使用することでMySQLおよびPostgreSQLの両者をサポートします。また、XMLDBを使用してスキーマ処理およびアップグレードをサポートしています。Maharaではシンプルな処理を簡単に実行できるよう、ADODBのトップにライブラリを持っています - レコードの取得、行の追加および削除等です。しかし、Maharaの多くの場所で必要なデータを取得するために生のSQLが使用されています。

Mahraのデータベースは外部キー (foreign key) を持ちます。また、PostgreSQLの場合、さらに整合性に関する機能があります。

Cron

Maharaはcronを内部に実装しています。このことに関する主な理由は、絶えずcronジョブのセットアップおよび編集する必要性をなくすことにあります。As cron is implemented internally, new plugins can simply register what cron jobs they want to run with Mahara, which will ensure they are run at the appropriate times (note: you still need one cron job set up to trigger Mahara's internal cron, but you set it up when setting up Mahara and then forget about it).

エラー処理およびロギング

Being a PHP5 application, Mahara provides and uses exceptions for much of the error handling. Mahara also provides excellent logging facilities (to apache error logs) that give detailed error messages and backtraces when a problem occurs. Mahara also catches uncaught exceptions and displays generic "an error occured" pages, that don't give away any information to potential hackers about what went wrong.

フォーラムビルディング: Pieforms

Mahara bundles the Pieforms form building library. It provides a very simple way to generate and process forms. It takes away the hard work of writing HTML and even much of the tedious validation work. It also handles session key checking for you, so you'll never generate a form vulnerable to XSS unless your try really hard to work around it. And if necessary, it provides the capability to lay out a form with widgets anywhere you choose - though most of the time you'll be happy enough with the forms generated by default.

HTMLフィルタリング: HTMLPurifier

In plenty of places in Mahara, user content is displayed. We bundle HTMLPurifier and provide wrapper functions for it, so you never have to worry about users inserting malicious tags. This filter is so good, we've previously had people complain that they can't embed anything at all! Mahara now ships with filters for allowing embedded code from select websites that most people trust, such as Youtube and Slideshare, and the filters are naturally pluggable.

テンプレーティング: Dwoo

Mahara uses Dwoo for its templating needs since Mahara 1.2, and previous to 1.2 used Smarty. PHP developers familiar with Smarty's abilities will find Dwoo quite similar, and we use it extensively throughout Mahara.

前へ: コアコンポーネント