Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/システム管理者ガイド/システム要件"

From Mahara Wiki
Jump to navigation Jump to search
Line 1: Line 1:
作成中です - <span class="loggedintext"><span class="loggedinwho">[[../../../../User%3aMits|Mitsuhiro Yoshida]]</span></span>
+
作成中です - [[User:Mits|mits]]
  
 
以下の記事ではMaharaのインストールに必要なソフトウェアおよびハードウェア一覧を説明しています。特定のハードウェアに関して、さらに詳細を記述した記事は[[Mahara%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e7%ae%a1%e7%90%86%e8%80%85%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89/%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3|スケーラビリティ]]にあります。
 
以下の記事ではMaharaのインストールに必要なソフトウェアおよびハードウェア一覧を説明しています。特定のハードウェアに関して、さらに詳細を記述した記事は[[Mahara%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e7%ae%a1%e7%90%86%e8%80%85%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89/%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3|スケーラビリティ]]にあります。

Revision as of 04:43, 7 July 2011

作成中です - mits

以下の記事ではMaharaのインストールに必要なソフトウェアおよびハードウェア一覧を説明しています。特定のハードウェアに関して、さらに詳細を記述した記事はスケーラビリティにあります。

ソフトウェア

推奨プラットフォーム

Maharaは様々な一般的なLAMPの組み合わせで動作するよう、設計されています。PHPの必要条件は別にして、他のすべての部分は必要があれば代替ソフトウェアと置換することができます。しかし、推奨プラットフォームは下記のとおりです:

  • OS: Linux - Debian Etchまたはそれ以降、およびUbuntu Hardyまたはそれ以降はコア開発者が使用しているディストリビューションであり、これらのディストリビューションでMaharaが数多くテストされています。
  • ウェブサーバ: Apache - 1.3またはそれ以降
  • データベースサーバ: PostgreSQL - 8.1またはそれ以降
  • 言語: PHP - 5.2またはそれ以降

考え得るすべてのソフトウェアの選択肢

私たちには推奨プラットフォームがありますが、Maharaは推奨プラットフォームの一部を代替物と入替えても正常に動作します。以下、考え得るサポートおよび未サポートのすべての選択肢です。OS

公式にはMaharaは以下のオペレーティングシステムでサポートされています:

公式にはMaharaはサポートされていませんが、以下のオペレーティングシステムで動作するまたはほぼ動作することが知られています:

  • 他の多くのLinuxディストリビューション - Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Slackware、FedoraおよびSUSEを含む。
  • Microsoft Windows - XP以降のすべてのデスクトップバージョン、Windwos Server 2003以降のすべてのサーババージョン。
  • Mac OS X Server - Tiger以降 (幸運なことに、Leopard以降のバージョンで動作している人もいるようです)

現在、私たちは他のオペレーティングシステムでMaharaが動作するか否かの状況を把握していません。あなたが知っている情報を上記リストに自由に追加してください!

ウェブサーバ

Maharaは公式には以下のウェブサーバでサポートされています:

  • Apache 1.3.26以降のすべてのバージョン

公式にはMaharaはサポートされていませんが、以下のウェブサーバで動作するまたはほぼ動作することが知られています:

データベースサーバ

公式にはMaharaは以下のデータベースサーバでサポートされています:

  • PostgreSQL 8.1以降のすべてのバージョン
  • MySQL 5.0.25以降のすべてのバージョン。InnoDBテーブルサポートが必要なことに留意してください。

MaharaのデータベースではUTF8エンコーディングを使用してください - これはMahara 1.1.6以降のバージョンより新しいインストールに強制されました (前のバージョンではアップグレード時にUTF-8エンコーディングを強制されません)。MySQLでは、あなたはどのようなUTF8コレーションでも使用することができます - 一般的に、あなたのロケールに合ったコレーションを選択してください。MySQLのはバージョン5.0.25以上を使用してください - Maharaのクエリに影響を及ぼす、前のバージョンのバグに関して http://bugs.mysql.com/bug.php?id=20519 をご覧ください。

Maharaは他のデータベースサーバではサポートされません。

PHP

PHPバージョン5.2またはそれ以降のバージョンが必須です。加えて、あなたは次のPHP拡張モジュールをインストールする必要があります:

  • gd
  • json
  • curl (Mahara 1.1以降のバージョンで必須です。1.1以前のバージョンではネットーワーキングのみに必要でした)
  • libxml
  • SimpleXML
  • session
  • pgsql または mysqli
  • ネットワーキングサポート用: openssl および xmlrpc
  • mbstring
  • mime_magic または fileinfo
  • 任意: imagick
  • 推奨: zlib, zip, bz2

Mahara 1.1.0 ~ 1.1.4のバージョンではexifは必須でしたが、現在は任意となっています。

magic_quotes_gpc および register_globals が無効になっていることを確認してください。Maharaでは .htaccessファイルにより、これらの設定を無効にするよう試みますが、Apacheによっては無効化を許可していない場合があります。Maharaがこれらの設定に対応しますが、可能であれば、あなたが独自に設定を無効化した方が良いでしょう。

zip/unzip

Mahara 1.2に実装されたポートフォリオインポート/エクスポート機能では、あなたのウェブサーバへのzipおよびunzipバイナリのインストールが必須となります。

ハードウェア

Maharaでは他のPHPベースのウェブアプリケーションと極めて似ているハードウェア必要条件があります。ハードウェア必要条件に関する詳細はスケーラビリティの記事で詳述していますが、以下いくつかのガイドラインを記します:

  • MaharaはCPUに縛られるPHPアプリケーションおよびIOに縛られるデータベースから構成されます。あなたがデータベースをウェブサーバとは別のホストに配置できる場合、マシンをさらに適切にチューニングすることができますが、数千ユーザ以下の「小規模」なインストレーションの場合、これは必ずしも必要ということではありません。
  • Maharaでは殆どのスクリプトを起動させるため、8から32MBのRAMを必要とします。これは、殆どの同時アクセスに耐えうるよう、あなたのウェブサーバに対して寛大な容量のRAMが必要であることを意味しています。ですから、あなたが仮想化の使用を考えている場合、RAMの容量を節約しすぎないでください。節約しすぎた場合、1ユーザ以上のユーザアクセスにより、システムがクラッシュしてしまう可能性もありますから :)。 可能であれば、少なくとも1GBのRAMを使用してください。
  • 可能であれば、Apacheの前にリーバスプロクシを配置することは素晴らしいアイデアです - ユーザにデータを送信する際にApacheのプロセスを継続して割り当てる必要がないため、あなたのサイトではより多くの同時アクセスユーザを処理することができます。
  • Moodleのようなウェブアプリケーションと一緒にMaharaをインストールすることは意味をなします - これらのソフトウェアは同じようなパフォーマンスのプロファイルを持ちます。しかし、一緒にインストールすることにより、あなたのサーバに対する負荷が増すことに留意してください。さらに、リソースが制限された環境にMaharaをインストールした場合、あなたはいくつかの制限を増やさなければならないかもしれません。

ハードウェアの最小要件は下記のとおりです:

  • CPU: ここ数年内に製造された最新のCPUをお勧めします。当然ですが、速いほど良いCPUだと言えます。PHPページの表示速度はCPU速度に依存するため、速いCPUを使用することは、レスポンス時間が短くなることを意味します。
  • メモリ: 256MB (絶対最小値) / 1GBまたはそれ以上 (推奨値)
  • Disk: This will depend largely on how much disk quota you want each user to have. For a site of 1000 users, each with a 250M quota, you might need 50G to start with.

適切なハードウェアの選択に関して、詳細はスケーラビリティ記事をご覧ください。

ハードウェア要件FAQ

以下、ハードウェア要件に関する一般的な質問です:

Can I use Windows to host Mahara?

Users may access Mahara with a standard web browser. For hosting solutions, Mahara has been designed for Linux, Apache, PHP and an SQL database, and currently there has been very little testing for Windows hosted environments. Mahara 1.1 and beyond should be installable on Windows, however.

Instructions for installing using WAMP Server are available for Mahara, which may help you too.

Will Windows be supported in future?

Windows support, when it comes is likely to be addressed through our Partner programme or through a specific client funded request. For now, you should be able to install Mahara on Windows without too much bother, but be aware that we do not officially support this and may not be able to assist you if you have any issues.

What about hosting Mahara on Solaris/Mac/BSD/Other OS?

The developers do not explicitly test for these OSes. While they may well work, there may be issues that the developers cannot help you with. If you come across an issue and work out why it doesn't work, please consider posting in the forums or opening a bug report, so that others may benefit too!

What about using Other Web Server/Other Database/Other PHP?

No other webservers are tested, you're on your own. Please contact the dev team in #mahara/on forums if you're interested in implementing support for other databases. PHP 5.1+ is required, all versions above this should be fine.

Can I use shared hosting?

Maybe. It depends on your host. Some hosts disable certain functions (e.g. exec) or use safe mode, and these things can badly impact on Mahara functionality. Mahara is not explicitly designed to run on shared hosting - while it is a goal we keep in mind, and will accept patches for, shared hosting by its nature limits what you can do, and you should endeavour to obtain a VPS or dedicated host if at all possible.

If your host has disabled exec, you may lose some functionality - for example, the ability to use Import/Export.

Hosts often (stupidly) set AllowOverride None, meaning that .htaccess isn't allowed. If you are getting 500 errors when trying to set up your site, you may find commenting out the php_flag lines, or removing the .htaccess file is necessary. This will not cause a critical reduction in functionality, but if you are forced to remove the entire file it will make your site less performant than it otherwise would be. [Note: The .htaccess file may be invisible on Mac OS X and your server; it may be best to make changes to this file from a Windows based PC and upload it from that platform, which is possible despite the fact that it may appear as a nameless file.]

I am confused by all of this, where do I go to get help now?

To the Mahara Support forums, or #mahara on freenode.