Difference between revisions of "Mahara日本語ドキュメント/言語パック/言語パックリリースポリシー"

From Mahara Wiki
Jump to: navigation, search
(言語リリースポリシー案 Proposed Language Release Policy)
 
(19 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
作成中です - [[User:Mits|mits]] ([[User talk:Mits|talk]])
 
 
 
==背景 Background==
 
==背景 Background==
  
 
言語パックは単なるテキストファイルではありません。実際にはストリングおよび翻訳された言語を含むコードの集まりです。
 
言語パックは単なるテキストファイルではありません。実際にはストリングおよび翻訳された言語を含むコードの集まりです。
  
これは言語パックファイルの小さなエラーでもインストール済みMaharaを部分的に不安定にさせる可能性があることを意味します。最悪のケースでは使用できないほど画面が描画されてしまいます。エラーによってはセキュリティリスクに発展する場合もあります。
+
これは言語パックファイルの小さなエラーでもインストール済みMaharaを部分的に不安定にさせる可能性があることを意味します。最悪のケースでは使用できないほど画面が崩れて描画されてしまいます。エラーの内容によってはセキュリティリスクに発展する場合もあります。
  
ある程度の一般的なエラーを発見して通知すると共に壊れた言語パックのダウンロードを防ぐため、Mahara開発者はツール (https://translations.launchpad.net/mahara-lang) を導入しました。このページの言語パックは処理および確認された後、http://langpacks.mahara.org からダウンロードできるようになります。
+
ある程度の一般的なエラーを発見して通知するのと共に壊れた言語パックのダウンロードを防ぐため、Mahara開発者はツール (https://translations.launchpad.net/mahara-lang) を導入しました。このページの言語パックは処理および確認された後、http://langpacks.mahara.orgからダウンロードできるようになります。
  
 
==言語リリースポリシー案 Proposed Language Release Policy==
 
==言語リリースポリシー案 Proposed Language Release Policy==
  
あなたが言語パックを翻訳してLaunchpadを利用していない場合、他の人には「あくまでも翻訳作業用のものであり、ユーザにとっての最終的なものではないため、利用しないでください」とお伝えください。
+
あなたが言語パックの翻訳にLaunchpadを利用していない場合、他の人には「あくまでも翻訳作業用のものであり、ユーザにとっての最終的なものではないため利用しないでください」と伝えてください。
 
 
同時に常に公式ダウンロードページを使用して、代替ダウンロードサイトの使用を止めさせてください。このようにしてMahara開発者はあなたの言語パックをチェックして、ユーザは常にセキュリティホールを塞がれた言語パックのコピーを取得することができます。
 
  
'''論理的根拠''': 新しい言語の翻訳を始める場合、Launchpadおよび関連ツールに慣れていないことを理由にLaunchpadが使用されない場合があります。そのため、共有スペース (http://mahara.org/ のページ、Dropboxアカウント等)を作成して初期翻訳作業のために使用します (例 これはMahara 1.3のスペイン語翻訳時に使われた手法です)。
+
また、常に公式ダウンロードページを使用して代替ダウンロードサイトの使用を止めさせてください。Mahara開発者があなたの言語パックをチェックすることによりユーザは常にセキュリティホールが塞がれた言語パックのコピーを取得することができるようになります。
  
これは翻訳を大まかに完了した後にコアMahara開発者に連絡して公式言語リポジトリに翻訳済み言語ファイルを配置するよう依頼した場合のみのことです。」It's only after they have something more or less complete that they get in contact with Mahara core developers to ask for a place in the official language repository.It's only after they have something more or less complete that they get in contact with Mahara core developers to ask for a place in the official language repository.
+
'''論理的根拠''': 新しい言語の翻訳を始める場合、Launchpadおよび関連ツールに慣れていないことを理由にLaunchpadが利用されない場合があります。そのため、共有スペース (http://mahara.org/ のページ、Dropboxアカウント等)を作成して初期翻訳作業のために利用されます (例 これはMahara 1.3のスペイン語翻訳時に使われた手法です)。
  
In the first phase (shared place outside the official language repository) no quality control is done (in the sense of errors that may break Mahara). So that's why we propose that translators clearly tell other people they shouldn't use that 'work-in-progress' version from the shared space. Unless they are going to collaborate on translation, of course.
+
これは翻訳を大まかに完了した後にコアMahara開発者に連絡して公式言語リポジトリに翻訳済み言語ファイルを配置するよう依頼した場合のみの場合です。
  
The rest of the people should wait until that work-in-progress version is put into the official language repository, where those additional checks are run. That way they would use a non-broken version of the language pack.
+
最初のフェーズ(公式言語リポジトリ外の共有スペース) では (Maharaを壊してしまうエラーという意味では) 品質管理は実施されません。そのため、私たちは翻訳者が共有スペースで他の人に「作業用バージョンのため使わないでください」と伝えることを提案します。
  
Please see "[[Developer_Area/Language_Packs | How to start a translation]]" for more information on getting started.
+
他の人たちは追加チェックが実行された後に作業用バージョンが公式言語リポジトリで公開されることを待っています。このようにして他の人たちは壊れていないバージョンの言語パックを利用することができます。
  
==Technical Details==
+
翻訳に関する詳細は「[[開発者エリア/言語パック | 翻訳の始め方]]」をご覧ください。
  
* All files must be in the UTF-8 encoding without BOM (byte-order mark)
+
==技術詳細 Technical Details==
* All files must be valid PHP files (i.e. no syntax errors). Run "php -l myfile.php" to check.
+
* すべてのファイルはBOM (byte-order mark バイトオーダーマーク) なしのUTF-8エンコーディングにしてください。
 +
* すべてのファイルを有効なPHPファイルにしてください (例 構文エラーなし)。確認するにはコマンドラインで「php -l myfile.php」を実行してください。

Latest revision as of 16:29, 25 February 2018

背景 Background

言語パックは単なるテキストファイルではありません。実際にはストリングおよび翻訳された言語を含むコードの集まりです。

これは言語パックファイルの小さなエラーでもインストール済みMaharaを部分的に不安定にさせる可能性があることを意味します。最悪のケースでは使用できないほど画面が崩れて描画されてしまいます。エラーの内容によってはセキュリティリスクに発展する場合もあります。

ある程度の一般的なエラーを発見して通知するのと共に壊れた言語パックのダウンロードを防ぐため、Mahara開発者はツール (https://translations.launchpad.net/mahara-lang) を導入しました。このページの言語パックは処理および確認された後、http://langpacks.mahara.orgからダウンロードできるようになります。

言語リリースポリシー案 Proposed Language Release Policy

あなたが言語パックの翻訳にLaunchpadを利用していない場合、他の人には「あくまでも翻訳作業用のものであり、ユーザにとっての最終的なものではないため利用しないでください」と伝えてください。

また、常に公式ダウンロードページを使用して代替ダウンロードサイトの使用を止めさせてください。Mahara開発者があなたの言語パックをチェックすることによりユーザは常にセキュリティホールが塞がれた言語パックのコピーを取得することができるようになります。

論理的根拠: 新しい言語の翻訳を始める場合、Launchpadおよび関連ツールに慣れていないことを理由にLaunchpadが利用されない場合があります。そのため、共有スペース (http://mahara.org/ のページ、Dropboxアカウント等)を作成して初期翻訳作業のために利用されます (例 これはMahara 1.3のスペイン語翻訳時に使われた手法です)。

これは翻訳を大まかに完了した後にコアMahara開発者に連絡して公式言語リポジトリに翻訳済み言語ファイルを配置するよう依頼した場合のみの場合です。

最初のフェーズ(公式言語リポジトリ外の共有スペース) では (Maharaを壊してしまうエラーという意味では) 品質管理は実施されません。そのため、私たちは翻訳者が共有スペースで他の人に「作業用バージョンのため使わないでください」と伝えることを提案します。

他の人たちは追加チェックが実行された後に作業用バージョンが公式言語リポジトリで公開されることを待っています。このようにして他の人たちは壊れていないバージョンの言語パックを利用することができます。

翻訳に関する詳細は「 翻訳の始め方」をご覧ください。

技術詳細 Technical Details

  • すべてのファイルはBOM (byte-order mark バイトオーダーマーク) なしのUTF-8エンコーディングにしてください。
  • すべてのファイルを有効なPHPファイルにしてください (例 構文エラーなし)。確認するにはコマンドラインで「php -l myfile.php」を実行してください。